あなたの毛皮教えて下さい

あなたの毛皮教えて下さい

あなたの毛皮教えて下さい RSS Feed
 
 
 
 

パーティにも!ファーボレロでエレガントに!

結婚式の二次会などのパーティコーデを簡単にエレガントにしてくれるのがファーボレロ。手持ちのシンプルなワンピースも、アクセサリーやクラッチバッグと合わせるだけでOKです。最近はフェイクファーでも上質な物が沢山ありますし、比較的安価で購入することができます。

バリエーションやカラーも沢山で、手持ちのワンピースが少なくても羽織るだけで簡単に雰囲気を変えられます。

低身長さんでも、ボレロ(衣服)や胸下切替のワンピースで脚長でスタイル良く見えますし、スリムな人にもファーのボリューム感で、より女性らしい着こなしになります。全体的にファーがついた物だと着膨れの不安がある人もいるかもしれませんが、裾だけや襟元だけなどファーをポイント使いしたボレロならすっきりとした着こなしになります。パールやビジュー、リボンがついた物なら更に可愛いですね。

カーディガンよりもカジュアル感控え目なボレロは、少し高級なお食事デートなどにもオススメですし着回しも簡単です。

レースの物やニット地など、素材によっても雰囲気が変わりますし、柄物にしてみても可愛いですよ。

デニムタイプの物ならパンツと合わせてもオシャレにイメチェンできますので、スカートが苦手な人にもおすすめなアイテムです。

知ってるようで知らない豆知識★ファーとはなんだろう?

ファーとは、その名の通り「毛皮」の事です。しかしファーと言っても様々な種類があります。一般的にファッション業界をにぎわしているファーとは「フォックス」「ラム」「ミンク」「ラクーン」などが挙げられます。高級なものでは「セーブル」などが有名です。特にロシア産の「ロシアンセーブル」は保温力が高く、ツヤも他のファーと比べてとても質がよく、最高級品として扱われています。逆に一番リーズナブルなファーとは?それは「ラビットファー」です。リーズナブルなアパレルメーカーの商品でよく使われており、ふわふわ・もこもこの肌触りや可愛い見た目から若い女性に人気があります。毛皮の場合、同じ種類の中でも特性によってランクを設けているのですが、「ラビットファー」の場合で言うと、「レッキスラビット」という柔らかくてふわふわしたファーがラビットファーのランクの最高級品と言われています。最近では本物のファーと見分けがつかないフェイクファーを利用した商品も多々あります。一番簡単な見分け方としては「刺し毛」を確認する事です。刺し毛とは長めで高い毛の事ですが、本物のファーとは刺し毛の毛先が尖って細くなっています。フェイクファーの場合は先が尖らずに途中でプツっと切れています。区別がつかない時はそんな刺し毛の様子に注目してください。

毛皮製品は毛皮専門店で

毛皮製品は、コートやショール襟巻などさまざまなものがあります。これらは、すべて毛皮でつくられているものもありますが、袖口や襟部分、裾部分などの一部分のみを毛皮でつくられているものもあります。毛皮はその一部分だけでも高級感を出すことができるものとして人気があるものですが、その取扱いは難しく、良いものを購入する場合は毛皮専門店を利用することが勧められます。毛皮にはミンクやシルバーフォックス、げっ歯類のチンチラなどのよく知られるオーソドックスなものからネコやウサギなどさまざまな種類があり、めずらしいものは毛皮専門店でしか取り扱っていないものもあります。またこれらの毛皮は、ニセモノが混じっていることもあるので毛皮専門店などで購入して、品質保証の証明書を発行してもらうことが勧められます。毛皮は保湿性、吸湿性、通気性に優れ防寒に最適ですが、熱や光、カビに弱く、その手入れが難しいものとしても知られています。そのため毛皮のクリーニングなどには毛皮専門店で依頼することが良いとされています。専門の知識がなければ毛がはげてしまうこともあります。毛皮の製品は、防寒性や服飾性に優れていますが、それらを最大限生かすためには毛皮専門店で購入し、手入れを依頼することが必要です。

毛皮の作り方について

毛皮は本当に高価なものです。高いもので数百万円というのもあるのにも驚きます。ですが、様々な作り方の工程があり、一点一点手作業でしかも今では、象牙などといったようにワシントン条約の規制までかかっているものもあるので、古いものはとてもよいとされています。

その価値は、アンティークジュエリーと言ってもいいのではないでしょうか。本物の毛皮は艶があり、そしてシルクや布製品よりも豪華で気品がありますし、暖かく軽いのです。値段が数千万円ある毛皮が存在するという事実からして、富裕層に人気があるのもうなずけます。もちろん今のものも高級品は手作業のものですから、価値があって当然だと思います。しかも柔らかいものですし、ミシンで縫うのも作り方としては、難しい作業と熟練度を要すると察しも付きます。高級バックのエルメスのカバンの作り方を、TVで見たことがあります。一点一点丁寧に作られていました。バックでも数十万円もします。ましてや人の体に合わせて、何十体もの動物の毛皮を合わせて作っていくものですから、作り方としても高度な技術となり、高価になるのは当然だと思います。

それに毛皮の高級ブランド、エンバ、サガ、フォックスといったメーカーまで存在するのですから付加価値が付いています。もしも、このような毛皮をお持ちの方、メンテナンスもわからない、もう着なくなったからという方、売ることを考えてはいかがでしょうか。

こんにちは、出張買取専門店です。今日は毛皮のコートを大量に買取しました。

こんにちは。

今日は毛皮のコートを大量に買取してまいりました。

1週間前に僕ら買取専門店にご依頼をいただき、その際に「毛皮のコートが何点かあるので、査定価格によって売る・売らないを決めたい」とのお話でしたので、全て買取すべく気合いを入れて行ってきました。

高級住宅街にあるマンションだったので、「どんな女性なのかな?」と思いながらチャイムを鳴らしました。「は~い」と出てきた方はごくごく普通の20代位の若い女性というか女の子でした。毛皮のコートを持っているという感じではありません。室内へお邪魔させていただき、お話をお聞きすると、現在大学生でバイトで夜のお仕事をされているとのこと。なるほど、納得です。なんでもお客様から全ていただいたもので、もう夜のバイトを辞めるので売ってしまいたいとの事でした(春から就職なさるそうです)。そして肝心の毛皮のコートを見せてもらいましたが、まあ、出てくる出てくる。次々と別の部屋から持ってきて、合計9着もありました。毛皮のコートを9着持っている方はなかなかいらっしゃいません。

買取専門店のプライドにかけて一着一着丁寧に査定させていただきました。なんとフェイクは一着もありませんでした。驚きです。査定金額をお見せしたところ、「さすが、買取専門店!売ります!」と即答をいただきました。とてもご満足いただけて良かったです。

帰りがけに、「また利用させてもらいます。買取専門店さん!」と嬉しいお声をいただきました。良い買取ができました。またのお電話をお待ちしてますよ。http://xn--torv27csuhy9v.net/

Categorieën

Tags

Archief